【シンデレラ・Cinderella】

  • URL Copied!

お姫様と言えばシンデレラ

後ろを振り返りながら舞踏会場をあとにするシンデレラ/Cinderella
ビーズキットの中でもロングセラーのシンデレラの作り方を動画に残しました。動画はわかりやすい反面、止めたり巻き戻したりしなければなりませんのでこのページの図解はきっとお役に立つことと思います。是非ご活用ください

ドレスの色やヘアスタイルはあの著作権に厳しい会社のお姫様が刷り込まれているのでこのような形になったのですが大丈夫だよね?似てるとまでは言わないよね?と言う思いでリリースしました。

2021年5月26日

6シンデレラを作るための材料と道具

8mmビーズ(ケシ玉・アクリルビーズ・パールビーズなど)…………2 個

MIYUKI丸小ビーズ

  • #573 オペークブルー /  Opaque blue …233個( ドレス・Dress )
  • #551 オペークホワイト / Opaque white・…50個( ドレス・Dress )
  • #5781オペークイエロー / Opaque Yellow・…63個( 髪・Hair )
  • #19青 / Blue・…2個( 目・Eyes )
  • #281 ベージュ / beige ・…70個( 顔・Face )
  • #1 シルバー/ Silver ・・・2個( 靴・Shoes )
  • #0210 ピンク/ Pink…1個( 唇・Lip )
  • #420 パールホワイト / Pearl white…8個( 手袋・Gloves )

MIYUKI特大ビーズ

  • #739黒/ Black…1個( チョーカー・Choker )

その他ビーズ

  • パールビーズ / Pearl beads 3mm …2個( イヤリング・Earrings )


    その他
  • テグス・Thread1.5号 ( 1号〜2号でも可 )※2号を使用する場合は極細のビーズ針の使用をお勧めします
    頭/Head…70cm・ボディー / Body……60cm・ドレス / Dress……130cm
  • Tピン/ Tpin 30mm x 0.7mm・…1本
  • 丸カン/4mm・…1個
  • Beads needle チューリップビーズステッチ針#11/0.41mmX48.4mm
    MIYUKIビーズ針K2377 0.5mmX55mm
  • もしくは市販のビーズ針 
  • ハサミ/ Scissors
  • ヤットコ / Pliers
  • あったら便利♡ ツイーザー / Tweezers

あたまの作り方

 芯にするビーズとビーズ針、8mmビーズを準備

8ミリのビーズを芯にしてテグスは1.5号( 1号〜2号でも可 )を使用します。丸小ビーズが入ってしまうくらいの大きい穴のビーズを芯にするのは作業がしづらくなるので不向きです。テグス2号を使用する場合は細めの針の方が後半になってもスムーズに作業出来ます。1号のテグスはビーズに通しにくくなることはありませんが細いぶんコシがなくなるのでしっかり引いて緩みが出ないようにしましょう。

テグス1.5号は釣具屋さんで手に入ります。

あの日はお掃除を早めに済ませたの

平面図を見ながらビーズで囲みながら頭を作ります

平面図を参考にしながら芯になる8mmビーズを囲んでゆきます。
図面の番号はそれぞれのカラーのビーズの数を示しています。
例えば1列めはシルバー8個、2列目はシルバー5個です。
囲んで行く上で注意しなければならないのはテグスのタルミです。一列一列しっかりと引き締めるようにしましょう。
ただしテグス自体に力が加わるとテンションがかかってクセが付いてしまい作業がしにくくなります。
テグスはゆっくり引くようにしましょう。

下記の平面図の上から順番に丸小ビーズを通して針をビーズの中に戻します。

テグスにヨリがかかって作業時間延長になっちゃう!

舞踏会に間に合わなくなっちゃうわ

一列目はテグスを固定する役目も果たします。

顔を作ります

目の間の列を左右同じバランスにするために上下のビーズを共有します。
最初の列はオペークイエロー3個、ベージュ2個、ピンク1個、次の列は手前の列の上部のオペークイエローのビーズ1個に針を通してからオペークイエロー2個、ベージュ2個を通して前の列のピンク、ベージュ一に針を通します。



頭の残りの列に進みます。


アップヘアーを作ります

しっかりセットしてね

通したビーズの列を利用してアップヘアーを作ります。
ヘアバンドの列を境目にした後頭部の列を利用し数字を追いながらオペークビーズを足して頭を高くします。

頭のテグスの始末をします

アップヘアーを通し終えたときテグスは下にあります。
通し始めのテグスとしっかり結んで結び目と反対側に
テグスを引き出し余分をカットします。

体を作ります

8ミリビーズを芯にして体を作ります。足は見頃のオペークブルーを4個通してからベージュ15個と靴になるシルバービーズ1個を通します。そうしてベージュのビーズにテグスを引き返し芯のビーズに針を戻します。引き続き体を囲んでゆきもう一方の足も同様にします。囲み線の太いビーズは後からスカートを作りたす位置を表しています。

 袖と手を作ります

この図は新たに通すビーズの濃度を100%通し終えたビーズは薄くしてあります

体の上部から引き出したテグスを袖を作るオペークビーズブルーの2粒に通して3粒を3列絡めます。
その後ベージュのビーズ3個と手袋になるパールホワイトのビーズ4個を通します。
通し終えたらパールホワイトのビーズの先端から手の中、オペークビーズブルーに針を戻し反対側の袖と手を作ります。

袖を作り終えたらテグスは上部にあります。芯のビーズの穴を利用して体の下に引き出し通し始めのテグスのしっかり結び
結び目と反対側にテグスを引き出し余分をカットします。

頭と体をつなげます

体の下からTピンを通しチョーカーになる黒の丸大ビーズ頭を通します。
ピンを倒しピンの先を丸めます。通常ピンは7ミリくらいにカットしから丸めます。

最近は長めのTピンを利用し2重に丸める事が多いです。力がかかるとせっかく丸めたピンが開いてしまいかねないからです。私は初期の頃よりピン曲げ用のペンチを使用しており普通のヤットコで丸めるとしたら上手に2重に丸まらないかもしれないです。ご自分のやりやすい方法で仕上げてください。

ドレスのスカート部分を作り足します

ここからは根気よくテグスを編んで行くのです。

苦労をいとわなければ素敵なことが待っているのよ

体の下部のビーズを拾いながらスカートを作り足します。
テグスが長いので最初のうちはイライラするかもしれません。私は途中でテグスを足すのを避けるために
その苦労をあえて受け入れているのですが長いのが扱いにくくてイヤ!!な方は2回か3回に分けて作業してください。

体の列は10列です。その10列の間に下向きのビーズを足します。
その足したビーズをベースにスカートを作り足します

テグスは手で通しても良いのですがひと手間かけて両端にビーズ針をつけて2刀流にした方が効率が良いです。

この平面図は実際は”わ”になっています。オレンジの線で囲んであるビーズは共通のビーズです

お疲れ様 !!
これでシンデレラは舞踏会に参加することが出来ます。

収録裏話


お姫様願望というのは女子のDNAに刷り込まれているのでしょうかね?
まだ足を投げ出して座っている子供の頃にシンデレラの絵本を眺めながらこれ程のため息があるかと言うくらい大きなため息と共に「しゅてきわ〜♡」と呟く姿に母は吹き出したそうです。
すっかりおばちゃんになり、ついに王子様が現れなかった私にお姫様願望などは微塵も残っておりません。
ってことはやっぱりDNAとは関係ないんだな。
私の唯一シンデレラと共通する点は時間に余裕を持たせないで行動しがちなところです。
しかも余裕がありすぎると油断するというオマケつきです。

動画を撮影しながらの制作はどうもスムーズにいきません。
撮り直しをしたくないとかメモリーが足りるかしら?とか邪念が起きるのです。
結局は慎重さに欠け何回も撮り直すのですがその時も早く進めたい! 使えるところもあるはずと動画を残すため
見分けがつかなくなり編集に四苦八苦。
動画の質も編集もまだまだ視聴者に負担を感じさせるレベルで申し訳ないです。

使用した音楽は動画制作用に音源を揃えている有料サイトからです。
サブスクのお得な期間だけ使用するつもりがうっかり解約日時を逃してしまったので解約前にこのシンデレラで
たっぷり使わせていただくことにしました。
たくさんの音源からちょっと楽しいかも!と思えるBGMを見つけられる反面
欲張って選ぶのに時間がかかってしまったりもします。
視聴者もまだ少ない中BGMにお金はかけられませんので今後は無料のサイトからお借りしていこうと思います。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!