【ビーズで作るマスコット・いちご/Strawberry】

  • URL Copied!

永遠のフルーツモチーフ・いちご

フルーツはみずみずしくて美味しくてしかもフォトジェニック。
そんな中でもあかい実にグリーンのヘタのお帽子を乗せたイチゴは
トップクラスの人気を誇ります。
このイチゴをパーマネントコレクションにするべくなるべく簡単に作れるレシピを考案しました。
テグスで編んでいく方法が誰でも手軽に始められていいかな?と思ったのですが細いテグスはコシがなくてビーズを拾うのに以外と時間がかかってしまったのでいつも通り針を使うことにしました。
針を使うと言うだけで「え・・・そーなのー?めんどくさそう〜」と思われる方もいるにはいると思うのですが圧倒的にビーズを拾う時間は短縮できます。是非ご自宅にビーズ針をストックしておいてください。肩こり気味の人は肩こりを軽減することもできるはずです!

2021年8月15日

いちごを作るための材料と道具

10mmビーズ(アクリルビーズ・パールビーズなど)…………1個

MIYUKI丸小ビーズ

  • #140F あか /  Red …51個
  • #16 / みどり / Green・…46個

MIYUKI特小ビーズ

  • # 190ゴールド/ Gold…2個

Tピン/ T-pin

  • 0.7mm X 20mm …1本


    その他
  • テグス・Thread1.5号 ( 1号でも可 )…100cm
  • Beads needle チューリップビーズステッチ針#11/0.41mmX48.4mm
    MIYUKIビーズ針K2377 0.5mmX55mm
  • もしくは市販のビーズ針 
  • ハサミ/ Scissors
  • あったら便利♡ ツイーザー / Tweezers

いちごの作り方

 芯にするアクリルビーズの下準備

いちごの中に入れるビーズを準備しておきます。

  1. Tピンにグリーンの丸小ビーズ3個を通します
  2. ピンの先端を倒します
  3. ピンの先端を根元に持ってくるようなイメージで丸めます。


手首を回すようにすると自然な丸みが作れます。

Tピンの太さは必ず0.7mmなければいけないということはありません。
アクリルビーズはクリアーでもなければパールなど別のものでもOKです

ビーズ針にテグスを通します

テグス1.5号1mを用意しビーズ針に通します。
針穴に通りにくい時はテグスの先端をヤットコで平らにすると通しやすくなります。



いちごの下から作り始めます。

あかい丸小ビーズを4個通し”わ”にしてから結びテグスを固定します。


4個のビーズをベースにしてビーズの段を重ねて行きます。

ベースになるビーズの数を含めてあかいビーズが5個になるようにビーズを通します。
黄色いビーズはいちごのつぶつぶになる特小ビーズです。
このテグスを一周させた部分を”ワンブロック”と数えます。
ワンブロックにある、あかいビーズの数を目安とします。



2ブロックめはベースのビーズと1ブロックめの ① のビーズと
あかいビーズ2個と合わせて5個のあかいビーズになるように通します。

ビーズ針を手前のブロックに戻すので”縫い物”で言う返し縫いのようなイメージです。


1段目を閉じます

4ブロックめになったら左側にある1ブロックめの ⑤ のビーズと3ブロックめのビーズに通して” 輪 ”にします。
これで1段目の完成です。


2段目に進みます

2段目のベースになるビーズは ” あかいビーズ ” と ” 特小ビーズゴールドと隣り合ったあかいビーズ ” です
” 特小ビーズゴールドと隣り合ったあかいビーズ ” はワンセットとしますので必ず一緒にすくって下さい。

3段目はブロックごとにビーズの数が変わります。

 4個のあかいビーズからなるブロックと5個のあかいビーズからなるブロック交互に通します。この段のベースになるビーズは全て特小ビーズゴールドと丸小ビーズあかのセットです。


 4段目を作ります

4段目は全てあかいビーズ4個からなるブロックを12ブロック作ります。
特小ビーズと隣り合ったあかいビーズは一緒に拾いましょう。


いちごの上部を縮めます

5段目はいちごの上部を縮める作業です。
ベースになるビーズを2ブロックぶんすくいます。
ブロックのあかいビーズの数は5個です。


アクリルビーズをセットします

5段目の最後のブロックを通す前にアクリルビーズをセットします

ヘタを作ります

いちごの最上部にはあかいビーズが6個あります。
その6個のあかいビーズの隙間にグリーンのビーズを通します。
隙間は6個ありますがヘタは5枚に仕上げますので最後の隙間にはビーズは足しません。

ヘタの先端を作りたします

ヘタのベースになるグリーンのビーズに針を通し、5個ビーズを通します。
その5個のうちの真ん中を除いた4個のビーズにテグスを通し根元のビーズに針を戻します。
同様にしながら5枚のヘタを作ります。

ヘタが5枚作り終えたらヘタの根元にテグスを一周させて引き締めます。
付近のテグスに絡めて結び止め、残りのテグスを付近のビーズに通し余分をカットしていちごの完成です。

収録裏話


ドールに比べたら手数(てかず)も少なくサクサク作れると思ったのに意外と苦戦してしまったのはどういうことか。まぁ、単に私の実力不足なのでしょう。
それでも”いちご”のモチーフは永遠に愛されるレシピになると確信して完成させた作品です。
いちごの形という変えようのないフォルムのためどこかに似た作品があったら申し訳ないのですが

神に誓って1から全て自身で考案した事をここに宣言します!!

いちごの段の増やし方を均一にした方がいいだろうと作り始めてみたものの思うような形にならなかったり
最初に申し上げたとおりテグス編みを試してみたり、あかい実の部分だけ作って後からつぶつぶを足してみたり。
中に入れるアクリルビーズも 8mm, 8mm+4mm から最終的に10mmへと品種改良。
いかにして”簡単”というワードに近づけるかがこのいちごレシピを作る上での課題でした。

私が一番気に入っているいちごはスリーカットビーズを使用したものですが一般的に手に入りやすい丸小ビーズでのご紹介となりました。

さらに今まではテグスが見えやすいように濃い色のマットを用いて撮影をしていたものを明るい画面に変更。
撮影方法の探求も加わり勉強することがさらに増えました。動画の方は完璧とまでは言えない出来栄えですが着手してからひと月以上も費やしてしまったので公開に踏み切りました。
少しづつHPや動画作成に慣れもっとたくさんの発信をしていければと願っています。

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!